スポンサーリンク


高卒認定試験の勉強を始めよう

高卒認定試験(旧大検)の合格点は45点前後!?合格率と科目別合格率

高卒認定試験の合格点は?

科目毎に若干異なり、毎年多少の変動がありますが、約40~45点くらいと言われています。あくまで目安なので、自己採点で40点以上なのに不合格なこともあれば、40点以下で合格することもあるでしょう。高い点数を取るに越したことはありませんが、100点満点の半分で合格できると聞けば、勇気が湧いてきませんか?

合格できる人数は決まってる?

高卒認定試験は、ふるい落とす試験ではありません。大学受験のように定員数が決まっているわけではないので、基準の点数を取れば全員合格です。落とすために行う試験ではない、ということは覚えておきましょう。

試験の成績が「内申書」になる

高卒認定試験を経て大学進学(推薦入試)を目指す方は、高卒認定試験の成績が「内申書」に相当します。成績の評価基準は以下の3つに分類されます。

評価基準

  • 100点~80点→A評価
  • 79点~60点→B評価
  • 59点~合格点(約40点前後)→C評価

言うまでもなくA評価が多いほど推薦入試に有利です。推薦入試で大学進学を考えている方は、ギリギリの合格点ではなく、できるだけ高得点での合格を目指しましょう。

高卒認定試験(旧大検)の合格率と科目別合格率

1.「合格率」と「科目別合格率」の違い

高卒認定試験(旧大検)の「合格率」は毎年約30%~40%です。これだけ見ると「半分以下なのか…」と不安になるかもしれません。しかし、これは1回の試験で全科目に合格した人の割合です。

「一部科目別合格率(最低1科目に合格)」を見ると70%~80%とあります。つまり約80%は最低1科目に合格しているということです。

check!

高卒認定試験(旧大検)では、8~10科目(選択方法により異なる)に合格することで高卒認定を貰えますが、1回の試験で全科目に合格しなくても良い試験です。

1度合格した科目は次回から免除されます。試験は年に2回あるので、1回の試験で4~5科目に集中するというのも良い作戦です。



-高卒認定試験の勉強を始めよう